今回、コンソーシアムを立ち上げたのは屋内外のシームレス測位を実現する環境が整いつつあることが大きいです。

GPS測位機能を備えたスマートフォンが急速に普及し、「屋内でも正確に測位できる技術を使えたら便利」というユーザー側の声が強くなっています。IMES送信機もかなり小型化が進んでおり、多くの場所に設置できるサイズに近づいています。屋内測位に関心を持つ多くの会員に参加してもらい、普及に向けた議論や活動を深めたいと考えています。

IMESのインフラ整備では、技術系企業だけでなく、流通や建設を含めたさまざまな業界が手を組む必要があります。コンソーシアムでは、そのための広報活動や送信機を設置する際のガイドラインの作成、技術の検証作業などを手掛けていきます。

技術の国際化も重要です。関連の国際会議などを通じて技術の利点をアピールします。特に期待しているのは、日本の準天頂衛星の軌道下にあるアジア・オセアニア地域です。ワークショップなどを開催しながら啓蒙活動に取り組みたいと考えています。

kohtake
神武直彦IMESコンソーシアム 代表幹事

慶應義塾大学 准教授